大社・能を知る集い~奈良絵本を読む~2014年11月06日 13:30

11月6日(木)出雲市大社町・手銭記念館
「大社・能を知る集い~奈良絵本を読む~」
13時半~16時半 定員40名 会費1000円(資料代・記念館入館料)
手銭家所蔵の奈良絵本『くまののほんち』は、掛け合いや輪唱のように言葉が重なったり、抑揚を表しているような多様な散らし書きが特徴です。このワークショップでは能楽の技法を取り入れ散らし書きを音読で楽しみます。

http://www.tezenmuseum.com/news/

荒島の古代遺跡を語る-鎮魂と語り2014年11月07日 18:30

荒島の古代遺跡を語る-鎮魂と語り
11月7日(金)18時30分開演
会場:荒島交流センター(島根県安来市荒島町3353−5)
参加費:無料
講師:
永見英(安来市教育委員会文化財課)
安田登(下掛宝生流脇方)
槻宅聡(森田流笛方)

弥生時代の墳丘墓の四隅はなぜ突出しているのか。
能はなぜ眠くなるのか。鎮魂とはどんな行為なのか。
能のお話と実演を交えて、開発の波のなかで遺跡を
守った人々を偲びます。

主催;荒島教育文化後援会  
共催;荒島交流センター・28-6783(連絡先)
   荒島地区人権を守り育てる会